ねているとき いがい ねむい

人には人の乳酸菌

わたしが好きな乃木坂46のMVランキング【Top11~1】

勝手にランキング、後半は10位~1位を書く予定だったのに前半が12位までで終わってたから、後半では11位からいきます!完全に個人の独断と偏見ですので悪しからず。自分で読んでてもところどころ日本語おかしい。そこも悪しからず。

 

11位『そんなバカな』


乃木坂46 『そんなバカな・・・』Short Ver.

「転校生をアイドル部に勧誘する」という設定が、いきなりセンターに抜擢された二期生の堀ちゃん*1に一期生たちがアイドルの世界にようこそ~!してるリアルと重なってめっちゃストーリ性感じる。当時の堀ちゃん、今よりずっと謎に包まれた存在だったし、一期生と二期生の壁厚すぎて可哀想...とか思ってたけど、まいやん*2といくちゃん*3が堀ちゃんの腕をつかんで後ろに引き込んでいくシーンがとても愉快でほっこりする。

後半は乃奇坂女子学院と白鳥高校のダンスバトルの掛け合いが楽しくて好き。まっちゅん*4とひめたん*5が白鳥高校側なキャスト、あ~わかるわかるって思う。乃奇坂の方の両手ぶんぶんダンスがバカっぽさ全開でかわいい。小ネタとしてはかずみん*6がポジピースしたときの若月*7の反応が見どころ。

 

 

10位『狼に口笛を』

乃木坂46 『狼に口笛を-ダンスバージョン-』Short Ver.

『狼に口笛を』はMVが、っていうよりもまず曲がめっちゃ好き!!!この頃のアンダーメンバーの層の厚さ!14thシングルで卒業センターを飾るまいまい*8が、アンダーのセンターですよ...!

冒頭の演技がみんな大根で最高。顔の丸い伊藤ちゃんず*9最強。あとサビの振りで、みんなワイルドに髪の毛振り乱して全力で踊る姿が、なんかコミカルに見えてしまてうんだけど、そこが良さ。

 

 

9位『シャキイズム』


乃木坂46 『シャキイズム』Short Ver.

メガシャキのタイアップ曲といって侮ることなかれ!という感じで、良さについて詳しく解説すると、まずイントロが超キャッチーなところね、スーパーでかかってそうな音なんだけど、そこがまたチープな感じで良い。そして桜井玲香さんの男装。個人的には桜井玲香さんはお嬢様キャラより「乃木坂一の俊足」といった男前エピソードをもっと売り出していった方が良いのでは?と思っていて、なんというか運動神経の良さとか器用さが実は大島優子さんに通じるところあるのでは??と気付いてしまったのが冒頭の告白シーンなので、そこを是非チェックしてほしい(?)。あと桜井さんはじめ白石さんや生田さんがしている「クラスのイケてる女子たちが体育祭でやる髪型」みたいな感じの髪型がめっちゃ好き。乃木坂=清楚な格好が多いから、こういうヤンキーみたいなビジュアルはギャップあって素晴らしい!

そしてなんといってもシャキイズムの本質は生駒ちゃん*10で、やっぱり生駒ちゃんは少年漫画の主人公なんだよなと~思う。こういう不器用な少年らしさを持ち合わせてるアイドルって、ちょっと他に思い浮かばない。ラストの眼鏡かけてもらうシーンもすごく印象的で、生駒ちゃんのきゅっとした上唇に目を奪われます。

MVは全体的に灰色がかっていて世界観統一されてたり、監視カメラのディティールや色染めした柔道着などの小道具へのこだわりすごかったりして、やっぱりメガシャキだからって侮っちゃいけない作品だなってすごく思う。

 

 

8位『生まれたままで』


乃木坂46 『生まれたままで』Short Ver.

意味深な歌詞とは正反対に、MVはとびっきりハッピー仕上げ!まあ曲調はとてもハッピーだからなぁ、という感じで、なんというかこの曲、私の中では素直に好き!とは断言できない曲で、うまくまとめらないんだけど、この曲のメンバーではない橋本奈々未さんが、乃木坂で一番好きな曲として挙げるのが一貫してこの『生まれたままで』なので、きっとこの曲には何か深い意味があるんだ、そうに違いないと勝手に思い込んでいる節ある。何かあると思わせるような絶妙なニュアンスを含む曲であるとも言える。

センターをつとめる伊藤万理華さんが雑誌のインタビューで答えてることによると、この曲がこの後始まるアンダー快進撃の第一弾というか、スタートの合図みたいな役割を担っていたみたい。

あんまり深読みせずに見たMVの感想としては、真っ白いセットで床に仰向けになりながら踊るのを上から撮ったカットが万華鏡みたいですごく美しい。万理華と万華鏡でかけたのかな。

 

 

7位『君の名は希望


乃木坂46 『君の名は希望-DANCE&LIP ver.-』Short Ver.

なんかもう『君の名は希望』は言わずもがな、って感じだけど、ちょろっとだけ言うとまず曲が良過ぎる、振りが良過ぎる、衣装が良過ぎる。ターンしたときのスカートの広がり方がこの上なくエレガント。リップシーンでの澄んだ瞳、透き通るような白い肌、メイクの色素の薄さ。後ろのストリングスの人たちしているレースのアイマスクは、アイドルのMVとしては結構衝撃的なスパイスだと思う。仮面恐怖症だからちょっと苦手ではある。

八福神を残して他のメンバーが2階?みたいなところへ一気に散っていくシーンですごく心がざわざわする。上に駆け上がっていくのがなぁちゃん*11で真夏*12がメインフロア…ざわざわする。さらにそのあとメインフロアのメンバーは前に進んで歩いていき、一段高いステージに上がる。そのとき生駒ちゃんだけが白いゲートをくぐっている。これは何かある。何か意味があるはずだ!私にはわからないので深読み厨のみなさん、解説お願いします。

 

 

6位『失いたくないから』


乃木坂46 『失いたくないから』Short Ver.

乃木坂46の数あるフォトジェニックなMVの中でもNo.1フォトジェニック。セットもシックかつロマンチックな雰囲気でめちゃくちゃ絵になる。バレリーナ衣装のメンバーもフランス人形みたいでめっちゃ可愛いしめっちゃ綺麗。

『悲しみの忘れ方』も同じく丸山健志監督で、同じような世界観でそっちは赤い。赤い方もめちゃくちゃフォトジェニック。No.2フォトジェニック。個人の好みの問題で青と白の組み合わせが好きなのでこっちを選んだ。

あと何がすごいかってこれがデビューしたての“1stシングル”収録MVであるところ。青いフォトジェニックなミュージックビデオ映像と、オーディションやレッスンを受ける彼女たちのドキュメンタリー映像、この2つの映像が対比されるような構成になっているのだけど、そのギャップ。ミュージックビデオの彼女たちもドキュメンタリーの彼女たちも、時系列的にはそんなに違わないのに、衣装着てメイクもしてキラキラのセットの中でカメラに映る彼女たちは紛れもなく「アイドル」で、っていう、そこに痺れる。最初そわそわしながらセットに足を踏み入れる⇒カメラが回った瞬間アイドルになる⇒最後に油断した生駒ちゃんのオフショットが見られる、という構成も完璧だな~!と思う。

 

 

5位『世界で一番孤独なLover』


乃木坂46 『世界で一番 孤独なLover』Short Ver.

夏×渋谷×乃木坂46の組み合わせ、最高にクール!!!!!!!!!!!

珍しくギンギンの日射しの下での撮影で、すげぇ都会の夏!!!って感じ。

AKBで一番好きな制服画像これ

AKBがいっぱい ~ザ・ベスト・ミュージックビデオ~【初回仕様限定盤】(DVD)

だから当然橋本奈々未さんの制服の着こなしめっちゃ好き!!!!女子高生は全員夏の制服でカーディガン腰に巻くこととする条例つくろう!!!!

『夏のFree&Easy』も夏の渋谷で制服+ヘッドフォンがついてさらに高得点なんだけど、本衣装がドぎついチェックでそこだけが残念。あと曲がチープ。

その点『世界で一番孤独なLover』はどこまでもクール。

中でもめちゃくちゃクールなカット

f:id:GAMEBOYZ:20140829025547j:plain

銀河!!そう、ギャラクシー!!!(東急プラザ 表参道原宿)

万華鏡みたいな鏡張りの階段、真っ白なセーラー、フロントが御三家!!!!!はぁ...最高……

 

f:id:GAMEBOYZ:20160213212651j:plain

f:id:GAMEBOYZ:20160213212646j:plain

f:id:GAMEBOYZ:20160213212656j:plain

高いところ登ってんのも意味わかんなくて最高。

f:id:GAMEBOYZ:20160213212746j:plain

f:id:GAMEBOYZ:20160213212753j:plain

 レイチェル(@ohayoumadayarou)とアリスムカイデ(@arismukaide)さんも渋谷で高いところ登ってた。可愛い女の子、渋谷で高いところ登りがち

 

 

4位『バレッタ


乃木坂46 『バレッタ』Short Ver.

出た!バレッタ!!!!

悪趣味だよね~。胸糞悪いよね~。バレッタを4位に入れてくる人とは話合わないわ。と思うよね~。でもやっぱりバレッタは絶対にはずせない作品なんです。好きとか嫌いとかの話ではなくて。

だって見て!このカット!!最強の布陣じゃない???

f:id:GAMEBOYZ:20160213215544p:plain

はじめにツッコミ入れておきたいところまず若月*13の肩ね!今回も肩入ってますね~、闊歩してますね~。あと好きなのが若月のピストルガチャッ「ひとりで遊んでな」バーン!!それからまっちゅん*14の走り方!マシンガン持って階段駆け下りるシーン最高。それからMV内での堀ちゃんの呼び名が「堀」なところウケる。ななみん*15の「堀…!!待たせたね…」って台詞もなんかウケる。あとやっぱ間奏で堀ちゃんがウェーブを切り拓いて出てくる振り面白くて好き。ツッコミどころ終わり。

本題ですがこのMVは、いきなりセンターに抜擢された謎の2期生こと堀未央奈が悪い大人に捕まりピンチ⇒助けに向かう1期生⇒無事に悪を成敗⇒助かった堀未央奈がまさかの裏切り...!撃った相手は前作センターの白石麻衣…!これは乃木坂の世代交代を意味するのか?!!と、深読み厨には堪らないストーリーになっている。よくよく見ると最初から最後まで堀ちゃんずっと心読めない表情してて、怯えてる感じ一切しないから伏線はある。私はこのMVを見たとき、この「MV」が、っていうより、「乃木坂46」って面白いグループだな...って思った。デビューから生駒センターが続いていたが、ガールズルールでまいやんがセンターになって、ここからしばらくはこの形でいくのかなと思ったら、バレッタで堀ちゃんがセンターになって...。あ、乃木坂46はその曲の雰囲気に合わせてセンターや選抜メンバーを決めているんだなって。それがすごく面白いと思ったし、確かにセンターが不動である必要はないよな、せっかく大所帯グループなんだしって思った。

そんなわけで『バレッタ』はピストルで頭ぶち抜かれたような衝撃あって、とても印象深いMV。

 

3位『ガールズルール』


乃木坂46 『ガールズルール』Short Ver.

ガールズルール\ハーイ!/が3位にランクイン!!!

バレッタのとこで書いたけど、生駒センターが定着してきたところでのまいやんセンターで、乃木坂にそこまで興味なかった私が「お?お??乃木坂これは面白いぞ??!」ってなるきっかけとなったMV。乃木坂にハマったのはこのガールズルールと「乃木坂って、どこ?」の影響がかなり大きい。

MVの世界観も爽やかで好き。夏休みの夜に忍び込んで入る学校のプール、早朝に歩く田んぼのあぜ道、駄菓子屋の前で食べるアイス…夏の良さが全て凝縮されている。

ワンピース衣装はスカートの裾がグラデーションになっててすごくきれい。そういうデザインなのではなく、本当に水に濡れてのグラデだったそう(参照:MdN ExTRA Vol.3)

それから『バレッタ』よりもこっちのMVの方がバレッタ(髪飾り)がキーアイテムになっていて意味深。次回作への伏線だったのか単なる偶然か…。そんな深読みせずとも素直に楽しいし可愛いMVとしてすごく好き。

 

 

2位『13日の金曜日


乃木坂46 『13日の金曜日』Short Ver.

再生回数で言ったらおそらくこれがNo.1!!!!楽しいのが一番!!!!!1位とすごく迷って僅差で2位にしたけど、やっぱりこれが1位かも…。や、でも…って無限ループに陥るほど微妙な僅差。

ショッピングモールではじまるフラッシュモブ風のMV。曲が始まって優里たん*16が踊り出した瞬間、色の彩度がパッと上がるのがイイね!徐々に加勢していくメンバーの登場シーンもそれぞれ個性出ててイイね!特に好きなのはろってぃー*17が大阪のオンナ的なaiko的なオーバーオール着こなしてるとこと、市来先生*18の服がギャルっぽい、にもかかわらず相変わらず姿勢が良いというとこと、能條*19が結構な距離をダッシュで向かってくるところと、せいたん*20がそこwwwwwってとこから登場してくるところと、ちはる*21と宮澤セイラさんの配役www実年齢との差wwwwってところと...って、挙げたらキリないんだけど、

一番注目すべきは、間違いなく柏幸奈さんでしょう!!!!!

ひとりだけ、ほんとの最後の最後に登場。その登場の仕方もひとりだけ自発的ではなく、メンバーから誘い出される形での登場。カメラのアングル的にも最初「ここで一般人も飛び入り参加!」みたいな演出かと思ったけど違ったよ、柏幸奈様だったよ。そんで最後ほんとちょろっとだけ踊る。その時間があまりに短いため、ダンスの振り入れする時間なかったのかな...という要らぬ心配までしてしまう。そのくせ曲が終わったら一目散にダッシュして真っ先にロケ車に乗り込むあたり、流石は乃木坂のはぐれメタルです…!それでも許されてしまう柏幸奈様…。顔面偏差値めちゃくちゃ高いからこそ為せる業ですよ...本当にありがとうございます...。

 

 

1位『制服のマネキン


乃木坂46 『制服のマネキン』Short Ver.

というわけで1位は『制服のマネキン』でした~!!!

理由は特になく、ただひたすら美しい!かっこいい!選抜・アンダー総出演でのダンスシーンは圧巻!!!!

この床に座ってのダンス

f:id:GAMEBOYZ:20160214003719j:plain

とか

マネキンポーズ

f:id:GAMEBOYZ:20160214003726j:plain

は、当時あまり乃木坂を追ってなかった自分でもリアルタイムで「?!」ってなった覚えあるから、アイドルのダンスはただ可愛い・かっこいいだけの正統派で攻めるんじゃなく、時にはこういうアクセント効いた振りのような、何かしら特徴的なフックが必要なのかもって思う。つんく♂が書いた「選挙の日に投票行って外食する」歌詞然り、ももクロピンキージョーンズの変なダンス然り。

2位・1位と並べてみて、私はシンプルにダンスをがっつり見れるMVが好きだな~って思った。とは言えつくり込まれたMVの世界観こそが乃木坂46の真骨頂みたいなところあるから、ストーリー性よりダンス重視にしたランク付けをしたのは我ながらセンス疑う。今MV集見ながらこれ書いてるけど、ちょうど今流れてるのが『転がった鐘を鳴らせ!』で、これ見てると「あれ?私こんなに素晴らしいMVランク外にしてる...?嘘だろ…」ってなってるし、つまりは順位関係なくどの作品も素晴らしいのです。

 

 

 

いかがだっただろうか。ここまで長々と書いてきて出た結論

順位関係なくどの作品も素晴らしい

 

 

 

  

 

乃木坂46物語

乃木坂46物語