ねているとき いがい ねむい

人には人の乳酸菌

2018年10月のこと

iOS12から追加された新機能スクリーンタイム。頼んでもないのに「週間レポートがあります」と世話を焼いて、どのアプリに何時間使っていたかを通知してくれる。こんなにもインターネットに時間を奪われていたのか…と毎回反省している。今週のトップ5は上から順にはてなブログChromeTwitterTumblrYahoo!天気でした。

 

今月のガチンコファイトクラブ

f:id:GAMEBOYZ:20181104082622j:image

今月の初頭、ヤバい同意書にサインした。結果を出すまではまだ何とも言えないのだけれど、長きに渡りシリーズでお送りしてきたガチンコファイトクラブは、いよいよ佳境を迎えているのです(終わるわけではないよ)。同意書には死亡、失明、QOLの低下等のリスクについて十分認識の上、異議申し立てすることなく………要約すると「万が一死んでも構わんよ」というようなことが書かれている。そういや医者をしている友達に、ボクシングのことを話したら「毎回軽い脳震盪を起こしてるわけだから、身体には確実に良くないよ」と言われたことがあるのだった。それと関係あるかないかはわからないけれど、この前は直属の上司の名前を急にド忘れした。あいうえおかきくけこさしすせそ…と50音を追ってもすぐには思い出せず、メール画面を立ち上げてやっと「や行だ!そりゃすぐ出てこないはずだ!」と一人で納得した。

 

 

日常に潜むハロウィン

金髪で赤いパーカーを着ている人を見た。カズレーザーだ!と思ったが、カズレーザーではなかった。金髪の人が赤い服を着たら、それはもうカズレーザーだ。金髪の人は家を出る前に、自分がほぼほぼカズレーザーであることに気付かなかったのだろうか。ショーウィンドウに写る自分の姿を見て(今日の俺、カズレーザーだ…)と思わなかったのだろうか。と余計な心配をしてしまう。

東京駅でカズレーザー本人を見たことがある。テレビで見るイメージ通り、金髪で赤い服を着ていた。誰が見てもわかるくらい、カズレーザー然としていた。カズレーザーはたくさんの人に囲まれ握手を求められていたが、隣にいた平井“ファラオ”光には誰も気付いていないようだった。

 

いきなり東北産

話していて、なんとなく波長が合うなと思っていた人が東北出身だとわかったときに沸く親近感、あれはなんなんだろうか。そうだったんですか!や〜、どおりで!と、急に縮まる心の距離。東北出身者は大抵、上京と同時に方言を封印し、東北出身であることを隠して生活しているため、東京で仲間に出会えたときの安堵感が半端ない。東北出身者に壺を売る秘訣は「私の姉の義父の生まれも東北で」などという微妙に本当くさい法螺を吹くことです。東北出身者は東北に所縁のある人に絶大な信頼を置いていますから、ホイホイ壺を買うでしょう。

 

黄泉の国

8月、9月、10月と、地元の友達が泊まりに来た。3ヶ月連続で違う女を部屋に連れ込む女、それが私だ。そんな話はどうでもいいとして、今回友達が東京にやってきた目的は私に会うためではない。純烈だ。純烈というスーパー銭湯アイドルだ。どうやら最近友達は、純烈というアイドルにどハマりしているらしい。観覧は無料なので一緒に来て欲しいと誘われ、特に予定もなかったし他ジャンル沼を覗くのは面白そうだと思い、東名厚木健康センターへ同行した。

f:id:GAMEBOYZ:20181104003728j:image

普通に遠い。

開演2時間前には着いたのに、会場となる大広間は既に満席で、整理券のない人は観覧できないと言われてしまう。早い人は前日から銭湯に泊まって整理券を入手していたらしい。大広間の中の様子がちらっと見えたけど、余裕で80歳を超えてそうなおばあさんとかもいて、これがオタクの行末…と思ったら直視することができなかった。友達は「おこぼれでもいいからどうしても見たい」と言うので襖の隙間から観覧し、私は銭湯でサウナと水風呂の交互浴を3セット繰り返し、仮眠室でガチ寝した。目が覚める頃にはライブも特典会も終了しており、友達が見せてくれた特典会の写真は接触というかもう、思いっきり後ろからハグされていた。恐ろしい沼である。自分も数ヶ月前までは乃木坂の握手会に通っていたことを棚に上げてドン引きしたが、かの有名な哲学者ニーチェはこんな格言を残している。

他ジャンル沼を覗くとき、他ジャンル沼もまたこちらを覗いているのだ。

この言葉の意味がわかるだろか。私にはわからない。

 

盲目ではなくて

ジェニーハイのミニアルバム超良いっす。まず『ジェニーハイのテーマ』、ガッキーの「俺はもうゴーストではない」が超良い。『東京は雨』は歴史に残る名曲です。そして度肝を抜かれたのが『片目で異常に恋してる』。歌詞が完全に私だ。一字一句違わず私だ。作詞者本人が「私以外私じゃないの」と歌っているから川谷絵音以外川谷絵音じゃないのは確かなんだけど、この曲の「私」は、私だ。

と思っていたところで目にしたメンバーコメント

[新垣隆]
「片目で異常に恋してる」―あたかも自分のような…最近、その視力もさらに落ちてきて困ってます。

新垣隆ことガッキー、お前もか…!

というわけで以下近況報告。

借りたDVDの感想を2行にまとめて送ったが一向に既読がつかない。未だにガラケーユーザーだし、LINEを入れてるタブレットも見たり見なかったりするらしいから仕方ない。と半ば諦めかけた3日後の深夜1時半、返信きた!ま〜たカタカナ+びっくりマーク!すぐに返したらすぐに返信きて、ぎゃーーん!今度はカタカナじゃなく日本語だ!珍しく向こうから質問形式だ!はじめてまともに会話のラリーが続いた気がする。オキシトシンが致死量に達して死んだ。ドーピングの副作用。そんな感じで今月の進展も相変わらず牛歩。見終わってないDVDがあと2枚ある。

 

以上になります。