ねているとき いがい ねむい

人には人の乳酸菌

空きっ腹に悲報

詰んだ。

Dead or Die

あ〜〜もう死んだ死んだ死んだ。

 

今週末に出る予定だった試合が流れた。対戦相手が見つからなかったらしい。

今日の14時頃、トレーナーから連絡があって、それ聞いて職場のトイレで泣いた。びっくりした。まさか泣くとは。たかが趣味だぞ。意味がわからん。本当に。

あ〜〜〜もう、マジか〜〜〜って、一気にぶわぁ〜って泣いて、音姫が止んだら個室を出た。泣いても顔に出ないタイプの人間で本当に良かった。目も鼻も赤くなっていない。

鏡を見ると両眼の瞼にはアザができている。こんな人間いるかよって、自分でもおかしくて笑ってしまう。先週のスパーリングで左の瞼にアザをこさえて、昨日のスパーリングで右の瞼にアザをこさえた。腫れ上がった瞼の上で混じり合う赤と青と紫のアザを見て、熱帯魚みたいだな…と思った。言うてそんなに綺麗なもんでもないけれど。「アイシャドウを塗りすぎた」と言って誤魔化すにしては色が濃すぎるし、範囲も広い。廊下ですれ違った先輩に「どうした、やられた?」と聞かれて「ちょっと組の者に…」と答えたら一笑い取れたからまあいっか。

 

ここ最近は、全ての照準を試合に合わせて進めてきたものだから、突然「試合流れました」と言われてもどうしたらいいかわからない。減量の方は順調で、今朝計測したら目標値まであと0.45kgで、今日明日のトレーニングと水抜きとサウナで1kgくらいは落ちるだろうと踏んでいた。それなのに、もう減量する必要もなくなった。三連休の予定も全て白紙だ。とりあえず何か食べようかとも思ったけれど、身体が減量モードに入っているせいか、お腹は鳴っているのに空腹感が全くない。

例えるなら、ハムスターが回し車でガラガラ走るみたいな感覚で毎日試合に向けて練習を続けてきたのに、いきなり現れた人間に上からヒョイと持ち上げられて、あれあれ?回し車は??って、状況が全く飲み込めず、手足をずっとバタバタさせてるみたいな感じ。わかるかな、わかんないよな。私もわからない。

 

他にすることもないのでいつも通りにジム行って「残念だったね」「あんなに頑張ってたのにね」って、他の会員さんが声をかけてくれたので「無駄に減量しちゃいました」って笑ってたらトレーナーに「やってきたことは無駄じゃないから、次頑張ろうな」って、すげぇ真っ直ぐな言葉をかけてもらえて、そうだよな、次頑張ろう。って、すげぇ素直にそう思った。

 

試合が流れた理由をよくよく聞けば、私がエントリーした階級には、前回エントリーしたメンバーと同じメンバーしか集まらず「だったら今回は無しにしましょう」って向こうのトレーナーが提案してきたらしい。例え相手が同じでも、私はまた試合をしたかった。だって、戦ってたら絶対勝ててたし。前回1勝1敗だったけど今回で2勝0敗して次への勢いをつけたかった。これはビッグマウスなんかでは決してなくて、だってそうでしょ、事実、そう思えるだけの練習をしてきたんだから。あ〜〜もう、マジ、あ〜〜〜〜。どうせあれだ、準備が十分にできてなかったから無しにしたんだろ。試合に照準合わせて必死に練習していたら、こんな直前になって、「前回とメンバー同じだし今回はやめにしましょうか」だなんて、そんなふざけたこと、本人もトレーナーも口が裂けても言えないよ。なんだよその無茶苦茶論。そんなん納得できるかよ。私も私で、週が明けたら「次回は相手が同じでも試合したいです」って、トレーナーにちゃんと伝えよう。そんで次は絶対勝つ。

 

は〜〜あ、完全に不完全燃焼。どこか1日チートデイ設けて好きなもの好きなだけ食べて、それおわったらまたゆる〜く減量再開しよう〜。は〜〜あ、それにしてもスカッとしねぇ。だんだん辛気臭い感じになってきたからこの辺でやめにしよ〜ていうか今回のブログ、最初からずっと辛気臭かったか。は〜〜あ。じゃないよ!甘えてんじゃねぇ!!はっ倒すぞ!!!!!という感じでね、たまにはこういう感情ぶちまけ論もいいんじゃない?っつって。

 

明日はどっちだ

明日はどっちだ

明日はどっちだ。明日はパンだ。パンを口にするのはいつぶりだろう。楽しみ過ぎて眠れねぇ。