読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねているとき いがい ねむい

人には人の乳酸菌

乃木坂46『インフルエンサー』個人PV全員分レビュー【TypeC】

伊藤かりん『漫才!耳無し芳一・芳子』

かりんちゃんファンの人たち的にこれはどうなんだろう…。かりんちゃんは何でもそつなくこなすし1期生と2期生の架け橋的な役割しててバランサータイプですよね。

 

伊藤万理華『伊藤まりかっと。』

伊藤万理華さん、優勝!!!!!!!!!!!

存在そのものがセンス・オブ・ワンダー

まずはとにかく、見てください!とにかく一度で良いので見てみてください!必ず二度目の再生ボタンを押してしまうはずです。私は毎朝見ています。伊藤万理華さんはアイドルという道を選んでなかったとしてもファッションとかアートとかお芝居とかのジャンルできっと芽を出していた人だと思うんだけど、そういう人がアイドルをやっているというのがとても尊いことだな~と思う。伊藤万理華さん良いな~と思った人には是非『まりっか'17』も見てほしくて、両作品とも不安定な歌声と軽やかな靴音がすごく良いのでヘッドフォンして聴くのがおすすめ。

MdNで連載のお仕事あったり装苑載ったり『まりかっと。』は期間限定でフル尺公開されてるし『Another Ghost』のメンバーに選ばれたり白のひとときでCM選抜に入ったりで、万理華推しは今すごく楽しいだろうな~と思うし、何より伊藤万理華さん本人がこの状況を楽しんでる感じがしてとても好きだな~と思う。

 

井上小百合『春の棒、暴れるきみは盆踊りの季節を待つ。』

うーわ、これはさゆにゃん推しが好きな感じのさゆにゃんだ…!という感じで井上小百合さんの小悪魔な部分を魅力的かつ可愛らしく映し出した作品になっている。お前らこういうの好きだろ?っていう監督の意図が露骨に出てるんだけど、抗えないほどのクオリティでそれを振りかざしてくるのでこれは好き…ってなる。個人的にハッとしたのは予告編2:50のとこの睫毛で、上向き加減がすごい。

 

衛藤美彩『アナタハ私ノ夢』

これ百合かな…?設定がイマイチよくわからなかったです。衛藤美彩さんめっちゃ白いな~~って思いました。

 

齋藤飛鳥『AMMA』

うぇ~~~~~~あすかちゃん~~~~~可愛い~~~~~~~~~~。なんだこのひたすら可愛い生き物はという感じで齋藤飛鳥さんが可愛いということは皆さん周知の事実だと思うので私から特に言うことがない。

 

樋口日奈ムチャ振りお芝居企画『未来女優予想図』

雑なムチャ振りにも全力で応えるひなちまが可愛い。本編はもっと叫んだりふざけたりとメーター振り切れた演技をしていて樋口日奈さんに対する好きが止まらない。テンポが良いので飽きずに見ていられる。個人的にひなちまは髪のカラーこれくらい明るめの方が軽くて似合ってるな~って思います。

 

若月佑美『ハンバーグランチ』

今回の個人PV結構コミカルだったりシュールだったり、メタ的要素含まれるものが多かった中で、お…!これはド直球にドラマ仕立てだ…!となりました。若月さんはキャラクター的にもまっすぐな人なので、こういうのが合ってるな~と思う。

 

渡辺みり愛『やさぐれみり愛』

乃木坂46内でもいろんなタイプの妹キャラがいるけど、みり愛ちゃんは小生意気なタイプの妹キャラだと思っているので、この設定イイ!わかる!となった。みり愛ちゃんの良さは口角で、絶妙に傾いているところと口を開いたときの形が三角になるところが好き。

 

伊藤理々杏『ガールズルール(仮)』

伊藤理々杏さん声が好き!か細くてちょっと掠れてて「少女」って感じの声。独特の世界観を持つPVで、好き嫌いがはっきり別れそうだけどインパクトはかなりある。三期生の中でもこの作品はトップ3に入るレベルで印象に残った。『ガールズルール』の歌詞の朗読がすごく良くて、儚さと力強さが混じり合った不安定な声だけど、朗読というより叫びに近い形で吐き出される言葉には伊藤理々杏さんの魂がこもっている感じがした。

 

大園桃子『バージン・ブリーズ』

これ監督絶対おっさんだろ!!!と思って調べたらやっぱりおっさんだった。大園桃子さんはお見立て会で見たとき、一瞬で「秋元康のお気に入りはこの子だな…」とわかるオーラがあった。鹿児島弁が抜けない感じとか「大園桃子」という名前の昭和っぽさとか、おっさん受けするタイプだと思う。いつも泣いているイメージが既に定着しつつあるけど、スイッチ入ったときの目線がとんでもなく鋭くて、戦士だ…と思いました。

 

中村麗乃『ちょこれ~の!』

うぇ〜〜〜〜〜〜中村麗乃ちゃん〜〜〜〜〜可愛い〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。声が弱々しいところ可愛いし目が全然笑ってないところ可愛いし動きがちょこまかしてるところ可愛い。あと幼く見えてスタイルめっちゃ良い。音楽とかアニメーションのテイストもファンシーで中毒性高い。予告編だと1:17のところで髪がサラサラ〜〜って流れ落ちるところ、ナチュラルのビューティーが溢れ出てしまってる感じしてすごい。

 

 

カップリングはアンダーメンバーによる『風船は生きている』。この曲とMV、あまりに好き過ぎてここに書くには収まりきらないほどの思いがあるので、たぶん別記事で書くと思う。

 

インフルエンサー(TYPE-C)(DVD付)

インフルエンサー(TYPE-C)(DVD付)