ねているとき いがい ねむい

人には人の乳酸菌

パシフィック・リム:アップライジングの「俺は好き」感

23時上映開始のレイトショー/IMAX/3D/4DXという最高の環境で『パシフィック・リム:アップライジング』を観てきたので取り急ぎ雑感

※一部ネタバレを含みます

 

f:id:GAMEBOYZ:20180422142441j:image


パシフィック・リムが世界一好きな映画だから、続編となるアップライジングは正直あまり期待していなかった。監督変わっちゃったし評判もイマイチだし。前作のファンとしてはとりあえず押さえておくか、くらいの気持ちで観に行ったら、待って、やば、アップライジング超ーーー面白ーーーーー!!!!!4DXの椅子にガコンガコン揺すられながらめちゃくちゃに笑ってしまった。

やっぱり無印のパシリムが最高なのは揺るぎない事実。それはそうなんだけど、アップライジングはアップライジングで面白くない?評判がイマイチなのはわかる。無印があまりに最高だから。ただ、無印のファンで、続編は微妙っぽいし観に行かなくてもいいかな…と思ってる人もまずは観て欲しい。とりあえず試しに。できれば4DXで。

 

今作で良かったのは小型のイェーガー「スクラッパー」の機敏さです。スクラッパーたん、あんな丸顔のキョロちゃんみたいなビジュアルで大活躍じゃんね。ゴロゴロゴロー!!!ってダンゴムシみたいになって高速移動するのが超キュート!走り方がドカドカしてるのもまた一興。スクラッパーたんの登場シーンにキャッチーでコミカルなテーマ曲流したらもっと最高だったのにな〜。

遠隔操作するシャオ産業の女社長もさ、なんなの!途中からキャラ変わり過ぎ!髪下ろした方が可愛いよ!

で、前作もそうだったけど、最後の手段でジプシーアベンジャーの腕に推進器を溶接するシーンとか、ほんとパシリムってこういうところ雑だよね〜って感じでワクワクした。最後の最後は頭脳戦じゃなくて力業でなんとか始末しちゃうところ、あるよね。シン・ゴジラとの違いはそこだと思う。というかパシリムで頭脳を使った戦い方なんてあったっけ?ないか。

今回大活躍のハーマンは、あの杖武器にもなるんかい!って感じだし名台詞吐くときのドヤ感も最高。ハーマンの一声で技師たちが総力挙げてイェーガーの修理に取り掛かる場面がハチャメチャかっこよかった。パシリムメインテーマほんと好き。

ニュートとハーマンのコンビが大好きだから前半一部分だけでもそれが見れたのは良かった。エレベーター下りてからの掛け合いとか。

ニュートがアリスとブレインハンドシェイクをしてる場面は、うーーわコイツ相変わらず変態だー!!ってなってたのに、途中から、え…そういう伏線かよ…って悲しくなった。ニュートの最後、あの感じは続編ありそうですよね。

ハンニバル・チャウも一瞬名前だけ出たけど、キャラクターとして登場して欲しかったな。ベケット君も今何してんだろ。

森マコの散り方は雑過ぎてびっくりした。完全に人柱。他のレンジャーはもう少し生き残れ!レンジャーたるもの強運の持ち主であれ!!

あと真剣佑とジナイの顔が微妙に似てて紛らわしかった。ロシア人のヴィクトリアも良いキャラしてたな〜。最初っから「コイツ、根は絶対いい奴だ…!」って、滲み出ちゃう人柄の良さ。

東京の街がヘンテコ東京だったのはあれはあれで好き。KAIJUの富士山登頂はゲラゲラ笑った。今、何合目?

あの技師は両方に思わせぶりな態度とって、結局どっちなんだ!って感じ。

それからブレーサーが3人乗りって説明どこでしたん??え!え!え!なんかもう一人乗ってるけど、君、いつからいたん??なんかシュタッて操縦席に下りてなんかドドドドドッて撃ち込んでたけど、その辺もう椅子がガコンガコン揺れるし水かかるし耳元でエア噴射されるしでうわぁああああああという感じだったからよく見れてない。普通に2Dでも観に行こう。4DXの演出や技術は4年前より格段に進化してました。

あとアマーラ・ナマーニという名前ね。アマーラって呼ばれてたのにネイサンからはナマーニって呼ばれてて、あれ?今名前間違った??って無駄に勘違いしちゃったよね。アマーラ・ナマーニ。

吹替で面白かったのは「おい、パクリかよ」と、「おっぱいイジリ」、富士山で寝転んでの「ヤッターーーー!!!」


今作ならではの見所として、イェーガーvsイェーガーの戦闘がかっこよかったです。割と早々にプラズマキャノン撃ち込んでておいおいとはなったけど。

前作でビルに拳突っ込んで振り子がカチカチなるシーンがめちゃくちゃ好きなんだけど、今作でもそれのオマージュがあってテンション上がった。

あとゴキブリみたいなKAIJUがめっちゃキモかった。

 

確かに突っ込みどころはいっぱいあった。けどそこが面白かった。

序盤の盗みのシーンあたりがちょっと間延びしたせいで、PPDCに派遣されてからの展開が急ぎ足になってしまった感は否めない。ストーリーや関係性が薄いというレビューが多いし、無印を観てない人に対する説明も少ない印象を受けた。

ただ、観た後これだけドバーッと感想というか突っ込みどころが出てくるのは、やっぱりめちゃくちゃ面白かった証拠だと思う。

仮にアップライジングを観て、あーやっぱり無印の方が好きだなーとなったとしても、無印への思い入れが深まったという意味で、それはそれで良いのではないだろうか。

パンフレットにスクラッパーの情報が載ってなかったのは残念。前回もそうだったけどパシリムのパンフレットは内容がスカスカ。金払うからイェーガーの性能とかもっと詳しく解説してくれ!!!

それと4DX観るときはポケットの中身を空にしよう。もしくは観終わったらすぐ感想ツイートしよう。まんまとiPhone落としてそのまま気付かず帰宅して、次の日映画館に取りに行ったから。

 

というわけで全くまとまりがないけど『パシフィック・リム:アップライジング』、私は好きな映画です。

 

 

 

前作はもうちょっと冷静にレビューしてた