ねているときいがいねむい

ねているとき いがい ねむい

人には人の乳酸菌

今季ドラマ何見てる?2019秋

G線上のあなたと私

f:id:GAMEBOYZ:20191022190311j:image

出演:波瑠、中川大志松下由樹桜井ユキ鈴木伸之滝沢カレン

脚本:安達奈緒子(「きのう何食べた?」「透明なゆりかご」)

原作:いくえみ綾

小暮也映子(波瑠)は寿退社間近に婚約者から婚約破棄を告げられる。放心状態でフラフラと立ち寄ったショッピングモールで「G線上のアリア」の生演奏を耳にしたのをきっかけに、大人のバイオリン教室に通い始める。
教室で同じクラスになったのはイマドキの大学生・加瀬理人(中川大志)と主婦の北河幸恵(松下由樹)。人間関係もバイオリンも一筋縄ではいかない3人を取り巻く人間模様と、それぞれの想いが交錯していく… (公式HPより)

今季No.1ドラマ!世代も性別もバックボーンも異なる3人が繰り広げる会話劇。このテンポ感が素晴らしい。幸恵さんのオバさん的なノリに也映子が便乗して悪ノリする掛け合いも、理人がたまにタメ口になるところもたまらない。

也映子がバイオリンをはじめたきっかけ、発表会にこだわる理由についての台詞

溺れそうな私たちが息をするために闇雲に掴んだものがバイオリンだったんだから仕方ない

これにすがって、進むしかないんだ(第1話)

 

今、この発表会っていう目標がないと私、明日からどう息をすれば良いかわからないくらい、私にはもう何もない(第1話)

この2つが特に刺さった。バイオリンと発表会をボクシングとプロテストに置き換えたら私と全く一緒じゃん!って思って、今まで言語化できなかった部分を端的に言い当てられたような気がした。アラサーにもなってバイオリンを始めた娘に父親が「何になるつもりなんだか…」って呆れるシーンとか既視感ありまくりでした。

一見ケロッとしている也映子が実は運命や奇跡を信じるヒロイン体質だったり、やたら「好き」って感情にこだわる理人が也映子の本気を冷笑したり、キャラ設定が一面的じゃないところがこのドラマのポイントなんじゃないかなと思っていて、人間は一筋縄でいかないからこそ面白い。ほんわかしている幸恵さんが第1話で姑にチクリと反撃するシーンも良かったです。桜井ユキさん演じる真於の過去にもガッツリ迫っていくらしくそこも楽しみ。

やっぱり私は主人公が強く明るく前に進んでいくドラマが好きです。

で、結局しんどいけど、自分動かせるのは自分しかいないんだなって

人間やっぱり、止まってたらダメなんですよ

(第2話)

それにしても『凪のお暇』でもそうだったけど、職を失ったOLはあんなにもわかりやすくダサいTシャツを着るものなのか。

 

まだ結婚できない男

f:id:GAMEBOYZ:20191022190318j:image

出演:阿部寛、吉田羊、深川麻衣塚本高史稲森いずみ

脚本:尾崎将也(「結婚できない男」「梅ちゃん先生」)

桑野信介(阿部寛)は腕のいい建築士。ルックスもさることながら収入も人並み以上だが、「メリットがない」という考えから結婚の経験はなく、さらに、偏屈で皮肉屋、プライドが高くこだわりも強いので、恋人を作ることもなく、気楽なシングルライフを送っていた。
そんなある日、日課エゴサーチで、桑野を非難している“やっくんのブログ”の検索ランキングの順位が上がっていることに気がつき、桑野は怒りをあらわにしていた。近所でたまたま事務所を構えていた弁護士の吉山まどか(吉田羊)に相談するが… (公式HPより)

いや~おもしろ~~~。『結婚できない男』を見てなかったので、前作から見てた人は小ネタや変わったこと・変わらないことの比較を楽しめてもっと面白いだろうな。「50代独身」を悲壮感たっぷりに描くでもなく、かといってコケにして嘲笑うこともなく、ちょうどいい温度感の中にたっぷりのユーモアが詰め込まれているので安心感がある。深川麻衣さんが意図的に「テレビ向け」の演技をしている気がして、ん〜映画ではもっと良い演技してるのにテレビの演技しか知らない視聴者にどう見られるんだろう…と勝手にハラハラしている。

 

同期のサクラ

f:id:GAMEBOYZ:20191022190352j:image

出演:高畑充希橋本愛新田真剣佑竜星涼岡山天音椎名桔平相武紗季

脚本:遊川和彦(「過保護のカホコ」「純と愛」)

病院のベッドに横たわり、意識の戻らないまま人工呼吸器につながれた女性・北野桜(高畑充希)。知らせを受け彼女の元に駆けつけたのは、携帯にたった4人だけ連絡先が登録されていた会社の同期、百合(橋本愛)、葵(新田真剣佑)、菊夫(竜星涼)、蓮太郎(岡山天音)だった。

その10年前の2009年、春―。大手ゼネコン・花村建設の新入社員となったサクラは入社式に急いでいた。 (公式HPより)

10年前から振り返って第1話で社会人1年目、第2話で2年目を描くという1話1年のストーリー。主人公のサクラは「忖度しない変わり者のヒロイン」ということで、ドラマとしては割と王道な感じではあるけれど、10年後が気になるので視聴継続です。役者陣がとてつもなく豪華だけれどこのメンツの中に岡山天音くんを、しかもメイン級で据えているのが良いですね。予告で橋本愛さんがブチギレてた第3話が楽しみ。ところで同期のことを下の名前で呼ぶのって個人的にはちょっと違和感ある。

 

俺の話は長い

f:id:GAMEBOYZ:20191022190444j:image

出演:生田斗真、清原果耶、小池栄子安田顕原田美枝子

脚本:金子茂樹(「世界一難しい恋」「もみ消して冬」)

岸辺満(生田斗真)は、喫茶店を営む母、房枝(原田美枝子)に寄生しながら暮らすニート。ある晩、姉の秋葉綾子(小池栄子)が夫の光司(安田顕)とすき焼き用の牛肉を携えて岸辺家にやってくる。

今回の訪問の目的は、マイホームの建て替え完成までの3か月間、娘の春海(清原果耶)も加えた家族3人がここで同居する許可を取り付けるためのものだった。

第1話の生田斗真がとにかくクドくて、話が長い屁理屈ニートのキャラだから仕方ないとはいえ、う~わ予想以上にこれは…という具合だったのだけど、 第2話からはそんなにストレスなく見れました。1話30分の構成もスキマ時間にサクッと見れて良い。小池栄子安田顕の安定感、急成長中の清原果耶さんの自然な演技。

第1話では鈴木亜美が劇中ラジオで第2子妊娠を発表し話題となったが、第2話の「29歳とされていた年齢が実は33だった」「バラエティー番組などで自虐キャラで大ブレイク」って一体誰のことなんだ。

以下の引用は失恋して海を見に行った二人のグッときた台詞

どうして人生の大事なことに限って誰も教えてくれないんだろう

たいていのことは傷ついて覚えるしかないんだよ

 

ひとりキャンプで食って寝る

f:id:GAMEBOYZ:20191022191305j:image

出演:三浦貴大夏帆

脚本:横浜聡子冨永昌敬

約25年ぶりにブームが到来していると言われるキャンプ。その中でも特に注目されているのがひとりキャンプ、通称:ソロキャン。そんなひとりならではのキャンプと、キャンプの醍醐味でもある“食事”をテーマに、男女それぞれが気の赴くまま独自のキャンプを満喫する物語。

キャンプが舞台、という以外全く別物な今までにない隔週変化型ドラマ。 奇数話は三浦貴大×横浜聡子監督、偶数話を夏帆×冨永昌敬監督が担当し、主役、監督が隔週で交代する。 

影響受けやすい性格だからひとりキャンプ行きたくなっちゃった。 少し肌寒い森の中で静かにゆっくり流れる時間。ビール飲んでナッツつまんでハンモックに揺られてうたた寝…最高ですね。奇数回の第1話は三浦貴大さんのターン。ライターが切れて火を貰いにいくところからストーリーは展開されていく。木の上から突如ドサッと落ちてきた渋川清彦からは明らかに怪しい雰囲気が漂っており、視聴者は「この人、実はこのテントの持ち主じゃなくて空き巣なのでは」と疑ってかかる。ほら、だって、挙動が不審だし、言葉数も少ないし。ところが結局この男はこのテントの持ち主で、ライターの代わりに火打石を貸してくれる。このドラマでは事件が何も起こらない。そこが良い。

夏帆回は全く違う世界線でのストーリーになるそうで、次回は海キャンプ!絶対楽しい。

 

モトカレマニア

f:id:GAMEBOYZ:20191022192049j:image

出演:新木優子高良健吾、浜野謙太、田中みな実山口紗弥加、よしこ(ガンバレルーヤ)

脚本:坪田文(「コウノドリ」「HUGっと!プリキュア」)

原作:瀧波ユカリ

元カレを忘れられない“モトカレマニア”の主人公・難波ユリカ(新木優子)は、元カレの“マコチ”こと斉藤真(高良健吾)を好きすぎるあまり、モトカレマニアとして生きることを幸せだと思い込んでいる。

だが、ユリカの美しい思い出に浸る時間を破壊する出来事が起きる。それは、ユリカのキラキラした幸せの象徴であるモトカレ・マコチとの再会だった。ユリカが就職した不動産会社の同僚として再び出会うことになるマコチ。モトカレとの再会は運命か!?それとも……。

過剰な演出がちょっと苦手かも。「新木優子高良健吾の顔面を拝むためのドラマだから内容はどうでも良い」 みたいな感想をTwitterで見たけど、それで良いのか。今後も継続して視聴するかは微妙です。新木優子と浜野謙太が蒲田で餃子を食べるシーンとかすごく良い感じなのに、高良健吾が出てくると途端に新木優子がドタバタしだすから辛い。

 

以下走り書き

グランメゾン東京

f:id:GAMEBOYZ:20191022234232j:image

久々にキムタクがキムタクの本領を発揮してるドラマを見た気がする。最近はこういういかにもキムタクな演技を全面に出した作品がなかったように思うので。キムタクドラマのキムタク度判定は主人公が「ちょ待てよ」を言いそうかどうかにあるんだけれど、この主人公・尾花夏樹はかなり「ちょ待てよ」を言いそうな雰囲気がある。実際に言うかどうかは問題ではない。言いそうかどうか。そこが重要なのだ。

 

4分間のマリーゴールド

f:id:GAMEBOYZ:20191022193924j:image

「手に触れるだけでその人の死の運命が見える救急救命士」を福士蒼汰、「ノースリーブ・ショートパンツとやたら露出度高い服装で家の中をうろつく義姉」を菜々緒が演じる。さらに兄が桐谷健太、弟は横浜流星と来たものだから、この4兄弟だいぶ強い。菜々緒の悪女が好きなので、ナチュラルな菜々緒の演技に物足りなさを感じてしまう。

 

ニッポンノワール

f:id:GAMEBOYZ:20191022193949j:image

主人公の記憶喪失設定だったり、警察の会議中に乱闘が起きたり、いろいろとついていけない部分が多い。第1話で子役の子が拳銃バーン撃って微動だにしなかったところが面白かった。

 

今季はざっとこんな感じです。楽しみなドラマが多い。朝ドラ「スカーレット」はそろそろ録画が溜まってきてるけど、今から遡ってでも見た方良いのでしょうか。

2019年9月のこと

10月1日より消費税が10%になりました。朝のコンビニではキャッシュレス還元を受けようと、電子マネーで会計を試みたおばさんが何度もエラーになっていてレジがピーピー悲鳴を上げていた。結局おばさんは現金で支払っていて、これがデジタルデバイド…と思った。小学校か中学校かで習ったあのデジタルデバイド

 

今月のガチンコファイトクラブ

f:id:GAMEBOYZ:20191001231702j:image

9月はほとんどボクシングの記憶しかありません。というのも「試合に出しても良いかの見極めテストを9月30日にする」と言われたのが9月3日。それまでに落とさなければならない体重は約6kg。流石に今回は無理かもしれないと思いながら、約1ヶ月間の減量生活がスタートした。

以下は減量中の日記です。

9/14。午前はボクシングジムへ。帰宅して脂肪燃焼スープをつくる。19時を過ぎた頃、急に思い立って埼玉県にある10km先のスーパー銭湯まで走って向かう。よくランニングおじさんが背負ってるような身体にフィットする小さめのリュックに iPhone、タオル、着替え、2000円を詰めてナビ通りひたすら北上する。道の途中、祭りの太鼓の音に遭遇すること4、5回。すれ違いざま光る剣を持った少年に斬りつけられそうになり、心に40のダメージ。

東京と埼玉を隔てる荒川の橋を渡っていると、すぐ横を並走する東北新幹線に追い抜かされる。新幹線、バカみたいに速いのな。

スーパー銭湯のサウナではじめてロウリュの熱波を体験。定員23人がすぐに埋まる盛況ぶり。大きな団扇で仰がれた感想は、これが…ロウリュ…。よくわからなかった。


9/15。8時起床、グレープフルーツを剥いて食べる。減量開始時から2kg減。このペースでは到底間に合わない。西へ8km走って昨日とは別のスーパー銭湯へ。三連休のド真ん中だからか激混みでげんなり。長居せずサッと汗を流して帰宅。


9/16。起きたら雨。朝食のバナナとグレープフルーツを胃におさめ、ボクシングジムへ。トレーナー不在のため自主練。帰宅して昼食にサラダ、ところてん、ゆで卵。この日は関東最大級のスーパー銭湯「スパジアムジャポン」へ電車で向かう。三連休で狂ったように銭湯に通っている。銭湯と岩盤浴のセットで1500円は格安。岩盤浴エリアはフリータイムで漫画読み放題。楽園は東久留米にあったのだ。


9/17。朝起きて出勤して2時間半程残業してジム行ってランニングして帰宅して風呂入って寝。


9/18。朝起きて出勤して2時間半程残業してジム行ってランニングして帰宅して洗濯機回して風呂入って洗濯物干して寝。

その後の減量はひたすらに辛く、日記をつけるのもやめてしまった。最後の週末は水抜きのため水分と塩分をほとんど取れなかった。ここまでくると食べ物を見ても食欲は湧かず、とにかく水。水が飲みたくて仕方がなかった。喉の渇きを潤すために1日100回はうがいした。

 

テストの日までに6.5kg減量し、計量はパスしたものの、テストのメインはスパーリングだ。ジムのプロボクサー(男性)3人を相手に2分30秒を4R行い、その内容で試合に出ても良いかのジャッジが下される。

結果から書くと、ダメだった。不合格。試合には出してもらえない。

1R目はまずまずの動きができたと思う。2R目、ゴングが鳴ると同時に猛攻を仕掛けられた。何が何だかわからない勢いで顔面にもボディにもパンチをくらった。頭の中は落ち着いていて、リングサイドにいるトレーナーの指示も全部聞こえる。なのに身体が思うように動かない。というより、それより早いスピードで相手の拳が飛んでくる。ボコボコにボコられて2R目は終了した。本当に、何だったんだあれ。怖かった。3R目の終盤で会長からストップが入った。

終了した。

リングのコーナーで崩れ落ちるようにボロ泣きしてしまった。あんなにトレーニングしたのに…とか、減量頑張ったのに…とかではなく、今、この場で起きていること、自分の力不足、シンプルに殴られて痛い、–––いろんなものがごっちゃになって嗚咽が止まらなかった。私には「人前で泣くのは恥」という謎に強固な漢気が備わっていて、幼稚園の頃には既に、園内のプールで遊んだあと服に着替えようとしたときにシャツが見当たらず泣きそうになるのを必死に歯を食いしばって耐えたのを覚えている。シャツは椅子の下にあった。

何の話だったっけ。

ん〜〜〜めちゃめちゃ悔しくて情けなくてムカついて、思ってることいっぱいあるけどもうわけわからんから考えるのやめた。

トレーナーから課題点についてアドバイスをもらって、顔の半分タオルで覆いながら「次いつテストできますか」って聞いたら笑われた。つられて私も笑ってしまった。私は私が思っているより前向きらしい。あ〜でもやっぱ普通に落ち込むなあ。疲れた。まだ殴られたとこが痛むけど、再テストに向けて頑張ろう

 

KOBE

友達と1泊2日で神戸に行ってきた。減量中だったので中華街でも極力我慢。友達には気を遣わせてしまって申し訳なかったな。

f:id:GAMEBOYZ:20191002011557j:image

牧場の羊。柵もなく普通にふれあい放題だった。

友達が自撮りしながら「日に日に可愛くなっていくな」と自画自賛していたのがあまりに最高すぎて、「今の、めっちゃ良い言葉!」と大絶賛した。朝メイクしながらYouTuberを真似してモーニングルーティンごっこしたのがくだらなくて楽しかった。

 

今月聞いてた音楽とか観た映画とか

カネコアヤノの『燦々』、一時停止してメモしたくなるようなフレーズがいたるところに散りばめられている。

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』はちゃめちゃに面白かった。いろんなところで「予習しといた方が良い」と言われていたので、予習しないといけない映画ってなんだよ…と思いながら一応シャロン・テートについて軽く予習してから観に行ったけど、観たらわかった。これは絶対に予習しといた方が良い。

無駄にアロハシャツを脱ぐブラピのサービスショットもさることながら、台詞を忘れたディカプリオのファッキン祭が最高に愛おしかったです。もう1回くらい観に行きたい。

 

お知らせ

はたらく女性の深呼吸マガジンりっすんさんに寄稿しました。

仕事のことをどこまで書いて良いか迷いがあったけど、はてなブログの編集者さんと相談しながら方向性を見出していく中で、めちゃくちゃ的確な推察や提案をいただいてカウンセラーのように私の意図を汲み取ってくださって…、こういう書き方するとはてなブログに媚びてんのかって思われそうだけど、や、そういうんじゃなくほんと、こうやって記事ってできていくのか〜と、感動しっぱなしだった。個人的には、はてなブログ本社に訪問させていただいたのがとても良い体験になった。私ははてなが醸し出す独特の空気感が好きで、けれどもその実体は謎に包まれていたんだけど、本社、ありました。社員の方、実在してました。それはそうか。お時間あるときに読んでもらえると嬉しいです。

 

そんな感じで9月のまとめ長〜。今日は仕事が休みなので、好きなもの食べて良い日にしよう。

2019年7月〜8月のこと

7月のこと書いてなかったので2ヶ月分

 

今月のガチンコファイトクラブ

f:id:GAMEBOYZ:20190901214047j:image
f:id:GAMEBOYZ:20190901213839j:image

7月は出張と法事であまりジムに行けなかった。そういうときもあるってことで割り切るしかないんだけれど、気持ち的に途切れてしまった感がある。運動してないのに普段より多く飲んだり食べたりしてしまい、この2ヶ月でかなり太った。それはもうあからさまに太った。9月末までに6キロ落とさなければならず、辛い。無理なのでは?という気さえする。現時点で既に心折れそう。

 

大きめの車運転しがち

出張先で10人乗りのハイエースを運転した。ハイエースと聞いて思い浮かべるようなシルバーのハイエースではなくて、濃い紺色のプレミアムエディションみたいな感じのハイエースだった。助手席の先輩に、車の運転は4年ぶりだと話したら(4年前はキャラバン)、後ろに座ってた先輩が身を乗り出して、スピードは出さなくて良いから、車間距離もっと取って、左折の前に巻き込み確認、とかすごい勢いで指示出してきて教習所かと思った。

仕事が早く終わった日に自転車をレンタルして周辺を散策した。

f:id:GAMEBOYZ:20190902164858j:image

牧草ロールにはSF感がある。田園風景に突如出現した巨大なマシュマロみたいでキュートだ。とにかく、私は牧草ロールに異常に高い興味関心を持っている。恐らく前世は牛だったのだろう。

f:id:GAMEBOYZ:20190902164854j:image

歯〜

 

タピオカパンデミック

近所に新しくタピオカ屋ができたというので前を通ったら、その隣の隣にもタピオカ屋ができていた。何かのバグかな。「大学の近くだからタピオカ屋2軒くらい建てとこ〜」みたいな思考、シムシティ的なところがある。

 

今期ドラマ何見てる?

NHK『だから私は推しました』が断トツで面白い。私は以前から「吉岡里帆の次にくるのは松田るかだ」みたいなことを言っていましたが、ポスト吉岡里帆の枠ではなくとも彼女は今後ますます活躍しそうですね。という前から知ってましたアピールはさて置き、白石聖さんの透明感何あれ。主演の桜井ユキさんも名演です。

『凪のお暇』は、凪と慎二のキャラクターがしんどいなぁ…と思いながらも毎週見てる。凪が弱い立場から「生きづらさ」を主張するのって、ズルくないですか。ズルいと思います。何話目だったかの「坂本さんに本当の幸せの何がわかるんですか」という台詞が決定打となって怖女(こわおんな)〜となりました。元職場の女子3人組がこのまま一方的に「悪」みたいに描かれていくとしたらあんまりだ。ゴンさんがいつもタイダイの、首元は自分で切りましたみたいなTシャツに黒カーディガンでネックレスしてるのがどうしても気になる。映画『天気の子』もヒロインが袖なしパーカー着てるのが引っかかってまだ観れてなくて、このまま観ない気もする。

べしゃり暮らし』は継続して見てる。石原さとみのドラマは1話目で諦めた。『サ道』は全てがちょうど良い。いつか「サウナしきじ」に行ってみたい。

 

7月〜8月聞いてた音楽

SHINE - EP

SHINE - EP

Fishing

Fishing

The Secret Life of Videotapemusic

The Secret Life of Videotapemusic

  • VIDEOTAPEMUSIC
  • J-Pop
  • ¥2000

宿命

宿命

ニッポンノD・N・A!

ニッポンノD・N・A!

  • BEYOOOOONDS
  • J-Pop
  • ¥250

シャミナミ

シャミナミ

  • ジェニーハイ
  • ロック
  • ¥250

 

総括は割愛します。おわり。

@JAM EXPO 2019に行ってきた

 

f:id:GAMEBOYZ:20190827012223j:image

8月25日に横浜アリーナで開催された@JAM EXPO 2019に行ってきたので取り急ぎ備忘録。

入場してから知る「再入場禁止」

なかなか阿漕な商売です。

 

BEYOOOOONDS

ストロベリーステージ(1番大きい箱)のトップバッターは令和元年にメジャーデビューしたBEYOOOOONDS

「BEYOOOOONDS」は「CHICA#TETSU」と「雨ノ森 川海」の合体グループです。形を変幻自在にビヨーンびよーんと変貌させるスライムのようなグループを目指していきます。

「CHICA#TETSU」は歌やダンスに力を入れたパフォーマンス集団、「雨ノ森 川海」は演劇やコメディーに特化した小劇団をイメージしているらしい(Wikipediaより)。YouTubeのオススメ動画にあがってた『眼鏡の男の子』をたまたま見たのが1週間くらい前。この世界観!好きー!ってなって一気に引き込まれてしまい、直近でライブの予定ないか調べたら@JAM EXPOに出るっていうんで見に行きました。

モーニング娘。女子かしまし物語』を彷彿とさせるMV。私はこの頃のモー娘。の「俺が俺が感」が好きなのです。『眼鏡の男の子』は最初の茶番が至高。高瀬くるみさんの「んぃゃあっ!眼鏡電車きたぁん!!」の言い回し何なんです。クセ強〜。ストーリーも予想外の展開で面白い。振り付けもフォーメーションダンスという感じで見ていて楽しいです。長身イケメンの眼鏡くんを演じた前田こころさんを固定センターでいくのかと思いきや、他の曲では別の子がセンターに立ってたりするのでその辺は流石ハロプロって感じする。前田こころさんは絶対に女子校で爆モテするタイプ。

ライブはほぼノンストップで5曲を披露。そのうち3曲で小林萌花さんが優雅に真顔でピアノを弾いてて強かった。個性的なメンバー多い。まだ全員の顔と名前が100%は一致しないけど、それくらいの時期が一番楽しかったりする。

 

アンジュルム

 BEYOOOOONDSの次に出てきたアンジュルム。歌唱力、表現力、体力、全てにおいて安定感がすごかった。アンジュルムも全員の顔と名前は一致しないレベルの予備知識で見たけど勝田里奈さん顔がお洒落、ダンスがお洒落、仕草がお洒落という感じで存在自体がお洒落でした。佐々木莉佳子さんは遠目から見てもこの子はすごいぞというオーラが出ていて、特に何がすごい、とか具体的なことはわからないけど全体としてオーラがすごい。あと、たまたま近くにいた人たちがそうだっただけかもしれないけど、ハロプロのオタク、振りコピのクオリティが高過ぎませんか。キレがハンパない。たぶん他の現場より遥かにレベル高い。

 

=LOVE

『探せダイヤモンドリリー』『部活中に目が合うなと思ったんだ』『届いてLOVE YOU』『いらない ツインテール』『手遅れcaution』『Want you! Want you!』『=LOVE』という神セトリ。神セトリとかいう言葉久しぶりに使っちゃったけど、改めてイコラブは良い曲が多い。イコラブのメンバーはそれぞれ強力な武器を持ってる子が多いから、その中でセンターを張る髙松瞳さんの重圧たるや…という感じですが、ゆっくり休んでまた笑顔で戻ってきてほしいですね。

 

乃木坂46 4期生

全然覚えられない4期生。清宮レイちゃんと掛橋沙耶香さんと田村真佑さんと遠藤さくらさんは覚えました。北川悠理さんだけはなぜか初見で覚えました。『4番目の光』の歌詞は『3番目の風』と比べると保守的な感じがする。乃木坂46をライブで見るのは去年の神宮以来だったけど、『制服のマネキン』から『ガールズルール』の流れはブチ上げでした。

 

日向坂46

小坂菜緒さん不在につき『ドレミソラシド 』は丹生ちゃんセンター!丹生ちゃんのマエストロ!元気いっぱいで良かったです。日向坂46を見てると自然と笑みが溢れます。ハッピーオーラ全開で、シンプルにとても良いグループだな〜と。『キュン』のセンターはかとしこと加藤史帆。かとしっていつもふざけてるように見えて歌もダンスも運動もバラエティも、しれっと何でもできるし人気も実力もあってスキルめちゃめちゃ高いよね。

 

開歌

デビューして間もないアイドルネッサンスをはじめて見たのが@JAM EXPO 2014だった。その5年後に、また同じ場所で歌って踊る百岡古宵さんを見れたのは、なんというかグッとくるものがありました。

 

ときめき宣伝部

『初恋サイクリング』とかいう無限リピート曲。

 

≠ME

大注目株の≠MEを一目見ようとブルーベリーステージ(2番目に大きい箱)に押し寄せる人の波。緊張感がこっちにまで伝わってくるようなステージでした。ノイミーちゃんはメンバー全員の顔と名前を覚えたので、近いうちに「ノイミー入門」でも書こうと思う。イコラブの『スタート!』という、AKB48における『初日』的な曲があるんだけど、その曲をイコラブではなくノイミーがやったってのが熱かった。最後に披露したオリジナル曲『≠ME』で会場はこの日一番の熱狂に包まれる。振り付けが終始忙しなくて好き。サビで二丁拳銃みたいな動きするのも最高なので是非MVでチェックしてみてください。作曲はあの『サイレントマジョリティー』を手がけたバグベア。実質BEYOOOOONDSと≠MEが見たくて@JAM EXPOに行ったようなとこがあったので、や〜、見れて良かったです。

 

というわけで感想を一気に書きました。アイドルに興味ない人にとっては何のこっちゃな内容だし、現場最前線のオタクの方からしたら薄っぺらな内容となっておりますが、約1年振りにアイドル現場に足を運んだ亡霊の記録ということでご容赦ください。

 

前回行ったときの記録(2014年)

エアコンの水漏れの原因はドレンホースの詰まりが8割

梅雨も明け連日猛暑が続いておりますがこの部屋はもうイカれてるのでエアコンをつければ当然水漏れくらいするわけで、はじめのうちは見て見ぬ振りをしていたものの、いよいよ床に敷いたタオルも水浸しになってしまったので「エアコン  水漏れ」で検索すると、どうやら「エアコンの水漏れの原因はドレンホースの詰まりが8割」とのことだった。

 

ということで今回は「エアコンからの水漏れが止まらない!原因は?対策は?修理費用はどのくらい?」みたいな感じでキュレーションサイト的なことをやっていきます。

 

 

レンホースの詰まりを解消

レンホースとは

エアコン内部の水を室外に排出する管のこと

まずはベランダに出てドレンホースを確認する。一部バキバキに折れている箇所はあるが、それ以外は特に異常なし。ホースの先端を振ったり覗いたりしても無反応。掃除機で吸ってみたけど何かを吸っている気配もない。というかそもそもこの掃除機、10年前から使っているため吸引力が瀕死の状態で、最近の掃除は専らクイックルワイパーとコロコロで済ませているのであった。掃除機もそろそろ買い替えどきか…などと考えている間にもエアコンからは水がぽたぽたと滴り落ちてくる。

 

フィルターを掃除

次に思い当たるのはフィルターの汚れ。実は今まで一度もフィルターを掃除したことがなかったのだ。恐る恐るフタを開ける。意外と大したことなかった。シャワーで洗い流して水気を拭き取って再度はめ直す。なんとなくこの時点で、こんなことしても直らないだろうなぁという気はしていたけれど、案の定ぽたぽたぽたぽた…ダメでした。

 

そんな気がしてた。エアコンの水漏れの原因はドレンホースの詰まりが8割だとしても、私は残りの2割に分類されてしまう側の人間なのだ。これまでだってそうだった。ずっとそういう人生だったじゃないか。生まれた時代が時代なら、VHSではなく真っ先にベータマックスに飛びつく側の人間なのだ。

 

業者に電話

さて、万策尽きた。残る策は業者に電話。修理費用の相場は約7,000円〜くらい。とはいえ業者か〜業者な〜他人を家にあげるの嫌なんだよな〜。ってことで却下。ここでもう一度思い出す

エアコンの水漏れの原因はドレンホースの詰まりが8割

ダメ元でドレンホースのサンクションポンプを注文した。*1

エアコン用 ドレンつまり取りポンプ

エアコン用 ドレンつまり取りポンプ

 

ポンプが届いたので早速ドレンホースに挿して引いてみる。すると若干、本当に若干の水がホースの先からちょろちょろ出てきた。あまりにも手応えがないので、ダメだろうな〜と思いながらエアコンをオンにする。

 

しばらくしても水が落ちてこない。まさかそんな。直った?直った!あはは、直った!直ったぞ〜!!!!!

 

いかがだったでしょうか? 

まとめ

エアコンの水漏れの原因はドレンホースの詰まりが8割

自分だけは残りの2割だなんて思わない方が良い。

 

*1:ついでにサーキュレーターと掃除機も買っちゃった

2019年6月のこと

6月の恒例行事だったAKB48選抜総選挙、いざなくなってしまうとそれはそれで少し寂しくて、なんだかんだ私はあのアホみたいなお祭り騒ぎが好きだったんだなぁと思います。TIFは今年も開催されるみたいだけど、やっぱり全盛期に比べるとアイドルブームも下火になってきた感じがあって、あれだけ追いかけていた乃木坂46も、推しが卒業してからはコンサートにも握手会にも行かなくなってしまった。冷めたとかではなく好きは好き。しかし悲しい哉、4期生の顔と名前が一致しないのです。欅2期の方がまだわかるかな、藤吉夏鈴さんの顔が好き。日向坂は上村ひなのちゃん。そこはもう、ばっちりです。各方位で言われているけれど、日曜深夜の坂道枠は日向坂で会いましょうが頭一つ抜けて面白い。個人的には若林のお気に入りが高本、春日は丹生ちゃんという構図が好きで、うたばんの何が一番面白かったって、貴さんがなっちとごっつぁんをエグいくらいに贔屓していたところなんじゃないかなあ。と思っています。

 

今月のガチンコファイトクラブ

f:id:GAMEBOYZ:20190701224228j:image

ここへきて基礎に立ち返っている。

 

30

誕生日は3年連続雨でした。これは6月生まれの運命(さだめ)なので仕方ない。当日は特に何事もなく仕事してジムに行って終わった。その前の週末に友達と箱根旅行に行ってきた。箱根は初めてだったけど良いとこだったなあ〜試食天国。旅館は畳の和室でベランダ側には椅子2脚とテーブルのセットがあった。ザ・旅館という感じの造りで良かった。ひとつ残念だったのは木のパズルがなかったこと。木のパズルがある旅館、今は少なくなってきてるのかな。願っているだけでは叶わないので、積極的に口に出していこう思う。いつか木のパズルがある旅館に泊まりたいと。

匹見パズル The T

匹見パズル The T

 

 

今月聞いていた音楽

Detox

Detox

  • Mom
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥2100

Momのリリパにchelmicoがゲスト出演するっていうんで詰め込みで予習してライブを観に行った。ポップかつフレッシュで、あと何よりすごくチャーミングだった。2ndアルバム、どの曲も良いけれど『プライベートビーチソング』が特に好き。曲中繰り返される"Life Goes On"というフレーズ、私はこういう「生活は続く」的な歌詞に弱いのです。

 

https://music.apple.com/jp/album/834-194/1465208767?uo=4&at=10l8JW&ct=hatenablog

めっちゃ聞いてる。『忘れられないの』のMV、なんなんでしょうかあれは。中毒性が高い。『蓮の花』の変態チックなリズムもクセになる。

 

 

いつもより短いけどこの辺で終わる。というのも明日から下半期ロケットスタートで怒涛の出張ラッシュが始まります。ぐぇ。寝ている時以外眠いなんて言ってる場合ではないようなので、早めの就寝で明日に備えます。